突然商品が売れ出す イノベーションコンサルティング

 多くの企業から『イノベーションは難しい、およそ5%程度しか商品に結びつかない。』と言われます。

みなさんのイノベーションはうまくいってますか?

 過去イノベーションがうまくいかなかった。商品の売上げがここのところいまひとつ伸びない。売れる新製品が生み出せない。と不満をお持ちの企業様!

 弊社では商品が売れ出すコンサルティングを実施しています。

 、、、なんとかならないか? だれでも実施可能で売上が大幅に増えるイノベーションのコンサルティングができないか? との思いで、、

 長年ビジネスの現場で指揮してきた経験者が商品が突然売れ、業績が急上昇する多くのイノベーション成功事例を徹底的に分析しました。

  

成功事例には一定の傾向

 ある商品で搭載部品の購買時の見積もりロットサイズを変えるだけで商品価格が25%も低減し
 主要顧客等へ販売が成功、結果年商が15億円から25億円に60%急伸しました。

 これは購買部門の見積もりの取り方を従来固定となっていた毎月単位から需要全体ロットに変更しただけで実現されました。

たったこれだけで大きく商品が売れだしたのです。

 イノベーションコンサルティングでは成功体験を持っている経験者が現場の目で多数の事例を分析しました。

この結果、成功事例にはある一定の傾向があったのです。

  

先ずは弊社のコンサルティングでどの位売り上げが増加するのかご相談してみてはいかがでしょうか?

 

イノベーションコンサルティング 短期で成功へ

 ここ数年、事業のスピードが加速しています。立ち上げから1000憶規模への期間は2000年ごろのgoogleで8年、facebookで6年かかりました。
昨今ではairbnbで3年、snapchatは2年で実現されています。

 ・これはグローバルなインターネットの発達により情報とサービスを一気に世界に広げることが前提となったのです。
 ・かつてのように国毎に販売ルートを確立し、問い合わせ窓口を構える必要はありません。
 ・輸送網などロジスティックスの発達により、人やモノの移動スピードもまた格段に速くなりました。

逆にビジネスのスピードが加速しているということは、商品やサービスがすぐに陳腐化する事をも意味します。

今は商品が突然売れ出す等のイノベーション成功は当然の事として、さらに素早い実行が求められているのです。

    

 このため弊社ではイノベーション成功のために最短ルートを見つけ出すテクニックを整理、だれでも短期で実施可能な気付きの法則4ステップとしてまとめました。

 イノベーションがたった2ヶ月でみるみるうまくいき出す気付きの法則4ステップをご紹介します。お気軽にお問い合わせください。  

  

コンサルティングを行ったお客様企業の声

  

C社 設計部門 Oさん


 長年市場故障が多く顧客からのクレームに苦しんできました。コンサルタントのアドバイスを受けて、不良要因別に市場故障を整理したところ筐体のねじ止め箇所が破損していることが主原因であることが判りました。 

 しかし対策には当初全面的な構造変更が必要とされ、設計変更工数の点で半ばあきらめておりましたところ、コンサルタントから設計は変えずに材料指定だけを変えたら? とのアドバイスをうけました。試作したところ、うそのように、たった2ヶ月で故障発生が収まりました。 
 設計の手間は全くかかっておらず、お客様の評価も良く、コンサルティングには本当に感謝しています。

 

T社 購買部門 Iさん 製造部門 Sさん
 
 カスタム部品点数が多くある、一方で需要変動が頻繁に起こる商品を扱っており、部品が欠品し顧客に納品ご迷惑をおかけすることがありました。

 コンサルタントの方から需要変動を製造へ連絡するルートがまちまちなので、営業生産連絡会議を開催した方がよい、とのアドバイスをうけました。正直この程度では治らないのでは、、との思いでした。またこの会議には幹部も参加すべきとのアドバイスも受けました。 
 さらに製造工程での修理用部品の流用が発生していたため、この流用予測値を入れる簡単なEXCELを作成しSAPへの入力時に加算し発注することにしました。

  
 この結果部品の欠品が全くなくなり顧客納期も安定しました。欠品原因の直接の指摘に加え、組織的な問題も修正されたのだ、、と後で理解しました。今回はさっと問題点を発見し的確にアドバイスいただきました。さすがだなあと大変感謝しております。

   

イノベーションがうまくいかなかった企業様でも

たった2ヶ月のコンサルティングでみるみるイノベーションがうまくいき出す気付きの法則4ステップをご紹介します。

    

イノベーションコンサルティング お薦め会社像

等が本イノベーションコンサルティングをお薦めする企業像となります。

 企業では新製品を作り出そうと常に先を見て活動を継続します。しかしなかなか強力なイノベーティブ新製品が生まれません。何故でしょうか?

 特に堅実な経営を行い社内の各機能が確立されている会社にイノベーティブ製品が生まれない傾向が顕著です。各部門は独立しそれぞれ自発的に機能が回っています。

これは会社運営としては非常にうまくいっている反面強い新製品が生まれにくくなっているのです。

イノベーション創出と社内組織機能の矛盾

 例えば購買部門は常に前期より購買価格は下げる。生産部門はなるべく工程を減らす。開発部門は技術トレンドに速くキャッチアップする、等々の固定観念や限界点で各部門の目標に縛られているのです。

一方顧客を強く引き付ける新商品は必ずしも各部門の目標にマッチせず、むしろ反する場合も多いのです。

 経営者であれば全社を俯瞰して一部の各部門の目標に反しても顧客の心をとらえる新製品は実現可能、、、ですが忙しすぎるのです。

 必要と思っても社員からは部門にそぐわない提案は出しずらいのです。さらに各部門の仕事内容が専門的な場合は時間をかけて検討しないと改善されません。このような場合コンサルタントの一言のアドバイスで一気に改善することがよくあるのです。

     

売上を早く上げるにはイノベーションコンサルティングが必要です。

弊社では、

・主力製品に気付きの法則4ステップを実施し、効果的な増収化をサポートできます。

・イノベーションの創出のコツとその技術育成のアドバイスができます。

・ゼロから新規事業を立ち上げ、成功を実現するためのプロジェクト計画立案、実施サポートができます。

   

今まで9社の方が実行し、6~9か月で売上が10~60%増加しました。

御社は売上を上げることに興味はありますか? 


弊社では様々な期間限定の無償メニューもご用意しています、是非お気軽にご相談ください。

  

メールは こちらまで。

お電話はこちらまで。